FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Gilad Hekselman Trioを観たのです。

所謂Kurt以降のコンテンポラリ系ジャズギタリストって、
人によって好き嫌いが分かれるように思うのだけど、
地元のギター仲間が揃って高評価だったのが、このデビューアルバム。

コンテンポラリとオーソドクスが絶妙のバランスなのが良かったのかな。
(でも、このアルバムはもう入手が難しいみたい。)
2011年のMotion Blueでのライブは、地元ギター仲間で盛り上がり、
1st,2nd通しで見たんだよね。

Gilad HekselmanをMotion Blueで観たのだ。

今回久しぶりにライブを観ました。
GiladHekselman - 1GiladHekselman - 2

Gilad Hekselman Trio Live at Cotton Club, 2nd Set June 7th 2019
Gilad Hekselman (g), Rick Rosato (b), Jonathan Pinson (ds)
1. Verona
2. March Of The Sad Ones
3. Clap Clap
4. Round Midnight
5. Tokyo Cookie
Encore Purim(!!)

一応、Ask For ChaosのgHex Trioでの演奏なんだけど、
まぁ、新旧のアルバムから満遍なくの選曲。
アンコールのPurimは、先のデビューアルバムの1曲目だもんね。

ただ、カッコ良かったのはやっぱりAsk For Chaosの、
Clap ClapとTokyo Cookies。
CDの抑制された曲調から一変した、エネルギッシュな演奏でした。
歪んだギターの音色がカッコ良くて、久しぶりに興奮しました。

以前だったらエレハモのFreezeで音を保持していたんですが、
今回は伸ばす音は指で押さえっ放しという、もはや異次元の運指でした。



スタンダードのGilad Hekselmanならこちらもお勧めです。
関連記事

エレクトリックギターメカニズム«  | HOME |  »JonathanのPick

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/440-d7b43c7f

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu