FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

BlueChip Pick 偽造

本来は指弾き(と言うか、爪弾き)なんだけど、久し振りにピックの練習を再開してる。
一枚数百円と言う気楽さから、適当にピックを見繕って買うんだけど、
使ってみると微妙に音色や、弾き心地が違って面白い。

JonathanのPick

先日、Hristo VitchevがFacebookで紹介していたPickが良さげだったので
早速購入してみました。
beveled pick - 1

Dunlop Primetone Sculpted Plectra Standardというピックで、
件の超高級ピックBlueChip PickDunlop版という感じかな。
本家は5千円なんて値段らしいけど、こちらは3枚千円という良心的な値段。

BlueChip Pickは、使い込んだPickの削れ具合を再現して、
最初から馴染む弾き心地を売りにしてるんだと思うんだ。
Dunlopのコイツも所謂プロペラエッジになっていて、
その辺りはしっかりコピーされてる。
確かに弾いてみると、ウルティム系の素材特有の粘りがあって良い感じ。
特に1.3mmという厚さが僕には丁度良い。

ただ、何かちょっと違和感あるんだよなぁと思い、
自分の使い古したピック(PickBoyマリファナピック)の削れ具合を観察してみた。
beveled pick - 2

写真だと判り難いかもしれないけど、
僕のピックが左側が削れているのに、Dunlopは右側。
良く考えると、僕は逆アングルのピッキングだから削れるサイドも逆なんだよね。

本家のBlueChip PickのWebのFAQSをみると、右利き、左利き用のピックがあって、
プロペラエッジ処理のサイドを選べるみたい。
Dunlopに問い合わせたら、残念ながら左側処理のモデルは無いんだって。

ならば作りましょう。
ということでDunlopの同じウルティム系のピックの左側を削ってみました。
beveled pick - 3

弾き心地はそれほど変わらなかったのですが、
ウルティム系特有のペチペチとしたアタックが緩和されて、ウォームな感じです。

まぁ、お大尽の方は本家を買って頂くことにして、庶民な私はこれで行きます。
やってみようという方は、ヤスリは爪用がお勧めです。
粗目から仕上げまで揃ってるのが100均で買えます。
(同居人のを使うと多分すごーく怒られるので止めた方が、、)

勿論、順アングルの方はこちらがお勧めです。


関連記事

エフェクタージャンク市のお宝«  | HOME |  »お風呂タブレット

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/443-e1eb1d89

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu