FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

激安ブースタ改造その2 XP Booster編

以前、可変入力インピーダンスの実験用の改造素体を探した時、
AmazonでXotic RC Boosterの激安コピー品を見つけた。

可変入力インピーダンス 激安ブースタ改造

この値段のコピー品として非常に良くできいて、
それ以来、中華激安エフェクタを色々探っていた。
たまたまタイムセールで割引があったんで、コレを買ってみた。


Xotic EP Boosterのコピー品で、XP Boosterだそうです。
本家がEchoPlexのプリアンプのコピー品だから、孫コピーか。
EchoPlexのプリアンプは、テープ録音向けに周波数レンジを狭めていて、
逆に、通すだけで音が太くなるってのがギタリストの評価。
そこで、プリアンプだけを商品化したのがEP Booster
本家を持っていないから直接比較は出来ないけど、
弾いてみて、Jazz系のギタリストにコレが評判なのがよく分かった。
とにかくレンジの狭まり方が絶妙なんだね。
中域がぐっと持ち上がって、ちょっとだけ歪む感じが気持ち良い。

因みにEP Boosterは、内部のDIPSWで低域と高域の落ち方が変えられた。
ただLevelを0にしても、原音より音量が少し大きくなる仕様だった。
コレが使いにくいという評価だったらしく、
2nd Ver.では、低域調整用のDIPSWがゲイン切替に変更され、
Level0で原音と同じ音量に設定できるようになった。

XP Boosterは初期型のコピーなんで、レベルが原音より上がっちゃう。
レベルを上げると音量が上がると共に、より中域、歪感が強くなる仕様。
僕は9時くらいの設定がお気に入りなんだけど、音量が上がってしまう。
ロック系なら、アンプをプッシュして歪むのは好都合かもしれないが、
ジャズ系だと、不要にアンプが歪むのは避けたいよね。

ということで、改造です。
最初は、ゲイン自体を下げる改造にしようかなとも思ったんだけど、
歪み方とか音色が変わるので、最終段へのマスターボリューム追加にした。

まず、最終段の抵抗2つを取り外して、ランドのハンダを取り除く。
(最終段Trの負荷抵抗R12と、出力電流制限抵抗R13ね。)
XPBooster - 3XPBooster - 2
マスターボリューム用の半固定抵抗50kの足を、曲げておく。
XPBooster - 4
先の空けたランドに差し込んで、裏側で半田付けして完成。
XPBooster - 5XPBooster - 6
コレで、気に入った音色になるように、DIPSWとレベルを調整した後に、
追加したボリュームで、音量を決めればよろしい。
僕は、Levelが9時で原音より少しだけ大きな音量になるように設定した。

音色と音量が独立して設定できるんで、オススメです。

しかし、中華激安エフェクタ改造の素体に最適。
正直、部品レベルで偽物の可能性も有るんだけど、
この安さは正義だよなぁ。

暫くは色々漁ってみます。
面白いネタや要望があれば教えて下さい。

先ずは、この辺りを狙ってます。
関連記事

9月来日ギタリストを観たのだ。 Yotam Silberstein & Hristo Vitchev«  | HOME |  »Line6 M9 Repair

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/446-908f315c

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu