FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2020/01 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Line6 M9 Repair その2

ジャンク市の戦利品Line6M9、動作自体は問題ないところまで修理できた。

Line6 M9 Repair

但し、モデルセレクト用のロータリエンコーダの軸が曲がっていて、
プッシュスイッチが効かないんだよね。
仕様がないから、外付けのスイッチで代用していました。
M9Repair - 3M9Repair - 1
でもこれ流石にこのままじゃダメだろってんで、
交換用のロータリエンコーダを探していました。
ただ、20stepでスイッチ付きのロータリエンコーダってなかなか無いのですよ。
で、やっとマルツで見つけました

早速交換です。
M9 Repair2 - 1M9 Repair2 - 2
応急処置のスイッチと、問題の曲がったエンコーダ。
エンコーダを外すのが一苦労でした。
ハンダ吸取線で余分なハンダを除去すれば良いのだけど、
エンコーダの取付金属爪をグラウンドにハンダで止めているので、
熱がグラウンドに逃げて、中々ハンダを吸い取らない。
普通なら、取付爪をニッパーで切って(≒壊す)外すんだけど、
もし交換品がうまく適合しなかったら、再利用する可能性があるので、
そう無茶はできない。
こういう時は、逆に呼び水的にハンダを追加して、一気に吸取るのがよろし。
なんとか交換したのがこちらです。
M9 Repair2 - 3
後は基板を元に戻して、完成です。
M9 Repair2 - 4M9 Repair2 - 5

実はすんなり完成では無くて、交換品のロータリエンコーダは厚みが薄いし、
更に軸がちょっと短いのですよ。
仕方がないから、基板とエンコーダの間に薄い木片(アイスの棒)を入れて、
少し浮かしてハンダづけしてあります。
また、ツマミの中に足りない軸の長さ分の木片(此方は割り箸を加工)を埋めて
やっと完成です。

これでなんとかライブでも使えそうです。

Mシリーズはロータリエンコーダのトラブルが結構有るみたいなので、
一応、備忘録です。(ブログタイトル説明にあるんだもん)

関連記事

お家でギター«  | HOME |  »30年来のPat Methenyになりたいの回答 BOSS SY-1

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/449-7d1ed3d5

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu