FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2020/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

’19 今年の一枚

大晦日になりました。
今年はライブを全くやらない1年になってしまいました。
その代わり、昨年から受け始めたレッスンが面白くて、
レッスンとその課題をこなす月毎のサイクルがとても充実した一年でした。

それでは今年も音楽関係の纏めをしてみましょう。

先ずはベストライブから。
今年もコンテンポラリ系のギタリストばかり見たのですが、
使用ギターのWestville率が高いのが印象的でした。
その中でVictor Bakerというちょっとマイナーなギターを使っているGilad Hekselman。
今年のダブルカッタウエイモデルは、少し無機質な分、歪ませても暴れない、
よりコンテンポラリ系向きの音色でした。
今年のベストライブは、彼のgHex Trioにします。

Gilad Hekselman Trioを観たのです。

新旧アルバムからまんべんない選曲でしたが、
やはりAsk For ChaosのClap Clapがすごくカッコ良くて、
改めてこの人のファンになりました。
ロックやワールド系のニュアンスを入れた曲を、少し歪ませて弾くというスタイルは
それこそコンテンポラリ系の定番ですが、この人が一番の旬という気がします。


それではベスト盤に行ってみます。
先ずは、5月にNelson VerasとのDuoで来日したJonathan Kreisbergのライブ盤です。
この人は、演奏がわかり易くカッコ良いんだよね。
なんというか、コピーしたくなるタイプ。

ただ、Live盤の割には少し大人しいかなぁ。と言うことで次点にしておきます。

えーと、あと一ヶ月前に発売されていたら、これがベスト盤だったかもしれないのが
Jon CowherdのGatewayです。

発注してるんだけど、まだ届いていないのよ。
実はAppleMusicでの配信が始まってるから、既に聴いているんだけど。
裏Fellowshipな訳で、もう絶対的に素晴らしいのですよ。
ただ、一応購入品から選ぶと言うのがポリシーなんで、泣く泣く除外。
でも来年になると、発売日の関係で除外だよなぁ。ありゃま。
ちなみに、年明け早々来日なんで、観に行きたいなぁ。

と言うことで、今年のベストはこれにします。

Infinity / Tom Harrell


兎に角、Charles Alturaのコンピングが良いのです。
個人的には、ギターはSaxよりTpの方が相性良いと思うんだよね。
前盤のSomething Gold, Something Blueも2016年のベスト盤にしたんだけど、
コンテンポラリとトラディショナルのバランスが今一番聴きたいJazzになってる。
今年通勤電車で一番聴いたアルバムです。
是非、来年こそこのメンツで来日して下さい。

さて、これで今年の更新もおしまいです。
相変わらず、自己満足の書き散らしBlogですが、もし良ければ来年も覗きに来て下さいね。
SN3V0021.jpg
それでは、良いお年を!

関連記事

三体«  | HOME |  »'19 今年買って良かったモノ "ハードウェア”

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/453-9d062c13

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu