FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Haruセミナーメモ Vol.1 Tonic Minor

Jazz Guitar Bookという雑誌に、Haruさんの
"Advance Jazz Guitar"というセミナーが連載されている。
このBlogでも何回か紹介しているし、実際、この雑誌を買う
動機の90%はこのセミナーである。
(残りの10%は惰性であるのだが、、)

創刊当初は、色々ゴタゴタも有ったようだし、
絶対直ぐ休刊ですなと思っていたのだが、
今やVol.16になり、ということは、Vol.2から始まった
このセミナーも通算するとかなりの分量になっている。

ハッキリ言って、Jazz Guitarのセミナー連載物としては
某GM誌の例のギネス的連載と共にぶっちぎりのクオリティー。
(実は多分誰も憶えていないであろうが、GM誌には
 滝野聡さんの連載、松下誠さんの連載等、素晴らしいの
 ものが有ったのだけれども、、
 この辺りの話はいつか、書いてみたい。)

ということで、自身の備忘録の意味で、第一回から
順にポイントをまとめていくことにする。

前置きが長くなったが、第一回のタイトルは
"Tonic Minor"でした。

まず最初に、トニックマイナーに使えるスケールの紹介。
ここで紹介されているものでは
"Lydian Minor"というスケールが面白い。
所謂Harmonic Minorの転回系の一つで
C-LydianMinor = G-HarmonicMinorの関係に有る。

実際にはImの代理にVIm7(b5)を使ったときに
使用するスケールらしい。
つまり、Chick Coreaの"Windows"の冒頭で
Bm7->G#m7(b5)の進行に相当する。
トニックマイナーであるBm7の代理として
G#m7(b5)が続く訳だが、このときに
G#-LydianMinorが使えるということ。
確かに、ここでG#Locrianはいまいちサウンドしない。

はー、目から鱗なのだが、
これって、普通気付かないよなぁ、、
だって、D#-HarmonicMinor上のダイアトニックコードは
G#m7であってG#m7(b5)ではないのだ。

ところが、このテンションはG#m7(9,#11,13)なので、
この#11を5の代わりに使い、G#m7(b5)に見立てて
初めてこのスケールとの対応関係が浮かび上がってくるという仕掛けだ。

見立てって、横溝正史の推理小説じゃないんだから、、

はっ! ということはハルさんは金田一耕助ということか。

えー、個人的には石坂浩二のほうがキャスティング的には
宜しいかと思いますが、、

くだらないこと書いて、長くなったので後半のマイナーコードの
ボイシングについては改めて書くことにする。
ムック jazz guitar book[ジャズギターブック] Vol.2 現代を生きる巨匠達 (Shinko music mook)ムック jazz guitar book[ジャズギターブック] Vol.2 現代を生きる巨匠達 (Shinko music mook)
(2004/07/07)
不明

商品詳細を見る
関連記事

PRS SE Semi-Hollow 改造 その後«  | HOME |  »PRS SE Semi-Hollow 改造

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/91-3ea30400

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu