FC2ブログ

APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。


« | 2019/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Haruセミナーメモ Vol.1 Tonic Minor その2

さてさて、ハルさんのセミナーメモの続きなのだ。
今回は、 Tonic Minorボイシングについてメモることにする。

まずは、Cm7系のボイシング
割と一般的なボイシングが紹介された後、
Phrygian上で生成されるボイシングが出てくる。
この中でも、Cm7(b13)とCm7(b9,11)が面白い。

Cm7(b13)のボイシングは、個人的にはAbM7/Cみたいなニュアンスで使っていたが、
これを、積極的にm7に当てはまると、意外に新鮮な感じ。

Cm7(b9,11)は所謂"Phrygian Chord"と呼ばれるやつで、
えーと、MilesのOld Folksのエンディングコード。
めちゃくちゃカッコいい響きなので、僕もよく使う。
ついでに言うとPat君もよく使う。

その次はCm6系のボイシング
これは、F7や、Am7(b5)として考えるのが良いというアドバイス。
特に面白いボイシングはないのだが、先のフリジアンコードのルートを
全音下げたようなボイシングが面白い(Dm7(b9,11)/C)。

次はCm11系のボイシングなのだが、
これは、m3を省略して11にするパターンが多く、
そうなると、Bb/Cと同じ響きになる。

しかし、ボイシングは武器だよなぁ。
一発ならすだけで、”おおっ”ってなるもんね。
ただ、強力なボイシングは使いどころが難しい。

--> でも、折角昨日憶えたんだから使いたい。

--> 空気読めず使いまくり。

--> ダメだし食らう。

というパターンが多いです。私。

以前、某ジャズライフで、ミックグッドリック
”何か、かっちょ良いボイシングを一つ紹介して下さい”
といわれて、

”友達無くすなよ”

と言いながら、とんでもないボイシングを
紹介してくれたことが有った。うーむ、気を付けよう。

更に続くつもり。

ムック jazz guitar book[ジャズギターブック] Vol.2 現代を生きる巨匠達 (Shinko music mook)ムック jazz guitar book[ジャズギターブック] Vol.2 現代を生きる巨匠達 (Shinko music mook)
(2004/07/07)
不明

商品詳細を見る
関連記事

オリジナルであること«  | HOME |  »物欲は止まらじ Spider Valve

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bakarasche.blog.fc2.com/tb.php/94-bd5e58d6

 | HOME | 

//-->
Powered by : Designed by ch*nu